家族の肖像

中学の時に滅茶苦茶にお世話になった友だちの両親とその友だち家族を描かせていただきました。似顔絵っていうのは基本的におれはダメだけど(描くのも見るのも。和田誠さんのとかは別だよ)それでおれは勝手に想像して描いたけど「似てる!」と喜んでもらえた。なんてことはないシンプルに徹すれば、だいたい似て来る作戦を取っているだけなのでした。まる描いておいて、目が二つ、鼻の穴も二つ、口があって髪の毛があって、人間はだいたい同じデザインだよ。絵なんかはてきとーに描いておいて、最後は見る人の想像力で完成させる。ひとまかせ〜♪ 似顔絵の何がキライかって、あの執拗なまでのチャームポイント?の強調。おれがデパートで似顔絵やるんだったら全員ガイコツ描いておしまい♡霊視似顔絵とか看板出して、骸骨ばっかし並べて客を待つ。似顔絵で目を背けたくなるほどに似ていたとして、何が嬉しいんだろう? ......だなんてこと、ツイッターにまた思いつくまま偉そうに書いてしまいましたが、自分の発した言葉にいつも苦しめられています。
b0119183_9293076.jpg




b0119183_932514.jpg
メッチありがとう!!
[PR]
by yuzzle | 2013-01-24 09:36 | works


<< AT HOME (yuzzle... ついったーまとめ 1月12〜16日 >>