6月24日

朝から一日中のぼけーっとした月給取りの時間をやり過ごしてからの帰り道、日が延びてるのでまだ明るい。信号待ち、けだるいオレンジ色トレーラーの頭だけが4号線を北上している。あきどんから譲り受けたXRも4万9000キロを越えた。そろそろまたオイル交換。家の敷地内にエンジン切って惰力で進み入ると、中からバタバタという気配を感じると同時に玄関の網戸の隙間からにっこり顔が覗き「とーちゃんおかえり!」かわいいキーちゃんの早口をそのままの高音質で録音して世界遺産に登録した。

どんなことをきっかけに動き出せるのか、もうそろそろわかってもいいのにと思うけど動き出そうともしないのね。繰り返される日常の堕落的雰囲気にすっかりやられてしまった人間の生活には雲がかかっている。とでも言っておくの?麦酒を数本飲むと余計に曇ってしまったよ。この冷蔵庫にあるだけの麦酒が無くなったら、ほんとにもう飲酒をやめると宣言したのに一向に無くならない麦酒。コルヌコピア、無尽蔵に提供され続ける麦酒。うまい麦酒。だがそれは罠だよ?夕食はひき肉のカレーを庭のコンクリにテーブルと椅子を出してみんなで食べる。暑くもなく寒くもなく、梅雨真っ最中にして「秋だね」忘れ物のサングラスを取りにきて同席することになったジョージに同意を求めるも苦笑い。ジョージはミニランプで期待通りのクラッシュ、演目の「植木に突っ込む」を軽々とメイク。かあちゃんに父の日にいただいたホソノさん3部作のレコードを6面全部クリアすると、あとは風呂に入って「いやいやえん」を読んで眠るだけだ。いつも途中までで最後むにゃむにゃ〜ってなってハルボンズに「ねえもーちゃんと読んでよ!」怒られるところ、昨日は最後までお話に集中できた。どじなオオカミのお話。
b0119183_13295499.gif

[PR]
by yuzzle | 2013-06-25 17:46 | 日記


<< 7月9日 6月19日 >>