3月10日

国際収支が1月は過去最高の1兆5800億円の赤字〜と毎日にあってなんだよそれ。もうオカネやーめたってみんなで言うしかねえな。モノや生き物の数は変わらないのに人間の脳みその中だけで狂ってる。王様は裸なのはそうだけど、よくみると天狗のお面被ってるぞ。それはそうとおれはもっとカネを稼がないとだめだ。絵を売ってそれで生活しようだなんておまえ一番に必要ないぞ絵なんかよ〜という白い目の意見が大半を占める世界もまあ狂ってるんだゾ。おれは狂ってなんかいないで極力真面目でやってくしかないぞシャレにならん。まあねおれだけは間違っていない!正しい!!という立場の恐ろしさ怪しさ。それよりもおれはたった今人殺しだろうという考えを怠るべきではない。車は使う、外食はする、便座も熱線入れてる、ゴミも毎週大量に出しまくってる。先進国の人間、そんなのは、発展途上国のまずしくってかわいそうな多くの人々(先進?途上?)の犠牲があった上で成り立つ便利快適一切の干渉お断り〜な生活をしている身としてはですねえ。...へえ。

でっかい家に帰ればがんがんに便座が熱くなってるような顔したキャスターが想定外じゃあ許されないんですよ!とか熱おびながら語るようなのがテレビなんだろ「っけ!」(佐々木マキやっぱりおおかみより)とか言ってるような午前中の明るい部屋。おれは今年もツネさんの代理で田んぼの掘りざらいから三輪自転車でスコップがちゃがちゃ荷台で言わせながら帰ってきて奴らの食べきれなかった冷えたホットケーキと今参加賞としてもらってきたパスコのジャムパンをむしゃむしゃ喰ってるところ、機関車トーマスからの続きでどろーんとテレビがついてたので「みてないなら消せば〜」とさりげに言ってみた昨日、日曜日。どーせ今頃は原発の事故を取り上げときゃいいんだろ〜魂胆で作った番組、じゃないだろうけど...。なんだこの不信目は、嫌なやろうだな。じゃあでもやっぱしテレビ(つーかネットも)はもういいや。今朝だってNHK(受信料払ってるよ。お義父さんが!)がパラリンピックで日本人がスキー大回転で金銀とってるにも拘らずほんのちょんぼり取り上げて、大リーグに行ったようなのは大々的に嬉しそうに長々とやってる。やっぱし人の興味はカネだろカネとでも考えてのことなんかなあという感想。ああよう、そうおもったのだろうけどよう、それはお前の勝手なのであって、文句があるなら見なきゃいいだけのことだろうばかやろう。テレビもネットもやめろややめろ。そうかといってじゃあ、ほぼ毎日更新しているおじさんのコラムを読んでみて。やっぱすげえなあとうなっていたり。「来たよ」ってことが書かれていたけど、ほんとにそうなんだよね。そこに居る時間、ほかのことは全てを止めて、そこに来てるわけだから。当たり前のことなんだけど、当たり前とはものすごいことなんだってこと。ものすごくもあり、あたりまえでもあり...。なんかそれっぽい文章になってん。明日でもう3年になるのか。それについて、おまえになにか書けるのかというと何も書けない。と書いておく。

昨日はタクちゃんがピザ釜をつくりに「来て」くれた。来る前におれはその準備として可動式にするためのキャスターを随分前に買ってあったのを納屋で探した。全然見つけられなくて、余計なゴミ(ドッグフードの開けた袋20枚くらいなど、すぐすてろ...)ばっかしでてくるので裏庭のドラム缶に火を入れてボンボン燃した。ダンボール一杯の「教えの冊子」とか「お守り〜」みたいのも容赦なく燃した。水吸ってカビてる時点でダメだろう、まあよお、お守りはこの身体なんすよ。分身などいらねえ。とか己への戒めをこめた意味不明を静かにこころで叫びつつ。ゴミに出せるものはゴミ袋へ。それでもでかい袋二つ分くらいになった。でボンボン燃えろ〜と呪い念じているとタクちゃん来てた。キャスターはタクちゃん用意してくれてた。作業開始〜。レンガを乗せていく木型をモルタル分を計算して少し大きめに作り、見ている内にかまぼこ状のものが出来上がってきた。タクちゃん目分量加減を観察、おもしろがるおじさん。そこに強度を増すためレンガを互い違いに組むためにレンガを半分に割るのでサンダーで切れ目を入れてく。前にやった時は安物で苦労したので、今回はダイヤモンド入りの刃(タクちゃん曰く「檻の中」に保管されていた高級品!)バターとまではいかないけど、それなりにサンダーー!っと削れてく。タクちゃんもこりゃあすげえと満足げ。で固ったい耐火レンガに一周線が入って、プラハンでコツコツ叩くと...あれ?全然違うとこで割れちゃったよ目が点に。5対5を狙ってるのに7対3とかになっちゃって。大半はうまくいったのだけど、まあそれも思い出としてしっかり仕上がりに反映されるよね!と二人で笑う。覚えてるとか記憶とかってなんだろうなんて話をする。気が付くと日も傾き、そろそろ仕上げだあと耐火モルタルとセメントを8対2で少しずつこね混ぜしてはレンガを積んでいくと最後のところでセメントが足りねえ!となってしまい。確か以前にキャスター買った時に耐火モルタルも一緒に買ってたんだよなあと、また納屋に戻って探すと奇跡的に2袋みつけだした。すげえ!感動しながらまたこね混ぜして最後のレンガがはまり「完成」きれいなアーチがその姿をあらわにした。めでたしめでたし。まる一日がんばったタクちゃんはそのまま長野の彼女の元へとじゃーねー!軽トラで颯爽と消えて行った。かっこいいタクちゃん。ありがとうタクちゃん。そんでおれが使っていたゴム手袋はお義母さんが前に使っていた古手袋だったので、たぶん作業の初めのころに全部の指先に穴が空いたみたいで全開、セメントで酸化した指の皮膚がヨボヨボでガッサガサになっちまった。その手で夜中は寝ないで絵を描く。その前の前の日に描いてた海賊シェフの気まぐれ渡り板風自信作な絵は「かあちゃん嫌いだな〜」の一言でじゃあまたいちから描くべと落ち込んだ結果、まったく違うものが出て来てくれてよかったのだった。方向が決まってからの進み方は尋常じゃない。天才、オレ天才という時間。で、そのまま4じ30を迎えた。
b0119183_2031672.jpg
ねぼけた布団の中で誰かが階段を降りてくの枕越しの響きとして聴いていると、どんがらがっちゃ!え〜〜!おえ〜〜〜!おお泣き声。それを目覚ましとして起き、何事かと下に降りて行くと湯たんぽの中身を足の上に落としたらしいハルボンズが大粒涙。左足の甲が真っ赤に腫れ上がってはいるけど小さな指は5本とも動かせたので、まあ大丈夫だろうと、その辺にごろんとしてな〜と告げる。でとーちゃんはガサバアと風呂水バケツリレーで二層式洗濯機へ14杯プラス湯たんぽ分。これを回してからキヨを起こしにまた2階へ登っていくと、気配が伝わってくる。やっぱり布団を被って隠れているものがおる。ばあと捲ると黄色い寝間着姿のどでかいカエルがおってあんれまあ。「引き取りに来てもらうよう保健所にデンワしてみよう、、、ぴっぽっぱ」立ち去ろうとすると後ろから飛び起きて来て追い越して行った。「とーちゃん車検場にデンワするんだってよ!」とかあちゃんに挨拶している。キーちゃん保健所、保健所だよ。ライちゃんもいつものように無理矢理トイレに連れ込んでシーーーやらせる。最近シーー8割の確率で出る。抱っこしながら鏡に「誰か居るよ」と言うとニコニコいいおかおが向こうから覗く。そのまま降りていくとブロッコリー取ってこいとなって、畑に出ようと玄関あけると恐ろしいほどの強風。期待が高まる。二回目の洗濯をまわしながら風呂掃除といういつものルーティン。睡眠時間30分なのでおそろしくハイではある。この30分の間にベロの先っちょにボッチが形成され、痛いし邪魔だし。つねさんがゴハンよそってくれてておれはお味噌汁を反対側でよそるという見事なコンビネーション。優雅に7分で食べてまだ喰ってる子供らとばいばいパッチン。ペダル踏んで走り出してみるとやっぱり無音ラッキーの追い風であった。ハイギアでカラカラ回してるだけなのに前の車追い越しそうになってあぶね。全然汗かかなくて到着、会社。「やっぱおれ天才だったから会社やめることにしたわ」は4じ30ぷん過ぎの寝る前、湯たんぽを「はいよ〜」とくれたかあちゃんにかけた声だったこと思い出した。外が明るくなるグラデーションのおかげで眠りに落ちれたようでした。で、目覚ましはハルの泣き声。

ツイッター、何か大量の情報に自分なりの意見を付け足して言うことなんて何も無いじゃん!と底なしっぽい落ち込みに比べたらやめれたことがほんとに健康。まあブログにちょこちょこアップするぐらいがちょうどいい。ツイッターは強制的に読ませちゃうし、読むし、興味ないものまで読んじゃうしで、頭が混乱する。時計を忘れたふりして最終的には時間を強制されてたちくたくわにさん。あれはなんかどうも怪しいぞって気がしてたんだ。フォロー外してくれりゃいいんだろうけど、それも寂しいって言えばそうだし。あれやらない時間に色々出来るのでね。出来たところでろくでもねえくそなんだけどな。まあ聞いてくれで有名なマイルスデイビスのon the cornerでも聴け。それがどうした。
[PR]
by yuzzle | 2014-03-10 05:05 | 日記


<< 3月12日 3月8日(土) >>