2月17日

描いたものがどうですか〜とこびてくるからもう描くのやめたほうがいい。その時じゃあ一度全部を捨てようと試みるけど、無理。ぜんぜん捨てない。身に付いた生活。ここまでの時間。好きだと思い込んでいること。嫌いなこと。これらがいかにもおまえだよと言ってるようなのはやっぱりどーにもわざとらしい。自然と見受けられるものがどこにもなくてあーあ。重力がない。じゃあ描いてから、描くものをみないことはどうか。いやもう描かないのがいいんだ。いかにもの自分が描き始める絵なので、初っ端からそいつが描かないことがいい事だろう。風にゆれている枝とか、鳥とか、子供〜なんてのはすごい絵だとみえる。ほんとか?おまえに何が見えてるのかな?それらを死ぬまでにみていくしかないだけか。いや、その前に言えるほどいくらも描いてないよおまえ。なんとなく食べられるから余裕ぶっこいてるんじゃねーの。

ものすごく言い出しにくいところをがんばった甲斐なく、明日のキヨの保育園の発表会、今年もいけないことになった。来週ハルの発表会はもっと絶望的だろう。オカネの為だ。生活の為だ。所詮雇われの身だ。戦争いけと言われたら誰にも聞こえない声でブツブツ文句を言いながらも黙って従う身だ。会社は少し早めの繁忙期にさしかかったみたいだ。これまでの赤字分を取り戻すのだ。日本を取り戻すのだ。カネカネカネ。しねしねしね。
[PR]
by yuzzle | 2014-02-17 04:14 | 日記


<< 2月20日 sal protection ... >>