3月17日

月曜日。ハレて朝からあたたかい。キヨが先に畑で待っていた。よさそうなほうれん草を地面からずぼと抜き、だいぶ終わってきたブロッコリー、花咲いてない小さいのをいくつかナイフでゴリゴリ摘む。キヨが「これも」と指で掴んでいるのもゴリゴリ。芯の部分も茹で上がるとおいしい。で、その間じゅう、屋外なのに家からはハルの泣き声が大きく聞こえてくる。朝のご機嫌ななめが直角となり、さらに一回りしてどーにも手がつけられないほど泣いてる。じゃあもういくからな、朝は忙しいんだよ?と階段の途中にほったらかして洗濯水汲みやらの朝仕事してた。「あそこの家で虐待しているよ」の通報を受け警察がやってくる日も近いだろう。ハルは昨日もなんか調子わるそうな二重まぶたでぼーっとしがちだった。季節の変わり目だからね、まあ大丈夫と思うけど。虐待とそうじゃないラインってどこからか。躾とかっていうけど全てが嘘かもしれない。大人のくだらない時間におわれてる都合のことで。人間にじっくり向き合えないってだけで見なかったことにしたり暴力で断ち切るしか出来なくなってる言い訳で。2じ30に鼻水が臨界点に達して決壊、目覚め。むくりそのまま起きあがりまっすぐ机に向った。おもてでニワトリの鳴く声が作業終了の合図。日が延びたのと同時に朝日も早く出てくるようになってスッキリしたままの朦朧体で過ごす慌ただしい朝の時間がまた始まった。昨日お好み焼きにとおれが間違えて買ったロース、これの生姜焼き、卵焼きとごはんとほうれん草のみそ汁で頂き、チネリにまたがるおじいさん。これの身体にあってるフレーム乗りたいなあとはもう思わなくなった。こっちがフレームに合わせればいい。多少の向かい風が心地よく感じるようになった。いつもより一粒小さいギアで足の回転だけで進んでもらう。腰から上は固定。風を切り裂いて進む感覚とでもいいましょうか。追い風は追い風でたのしいけど。

昨日、日曜日は2週に一度の図書館の日、のんびり朝食を終えてモビリオにみなで乗り込む。ロビンソンあらため西武の駐車券を発券してもらい、アキコは飲み物調達と駐車券スタンプ係、おれたちは図書館へと歩く。途中キヨのクラスの同級生(女の子)家族と遭遇、歩くキヨのテンションが高めだったことがこれで判明。初対面の両親二人ともマスクしてるので「花粉つらいですな〜」などと声をかけてる手前はマスクなし花粉おじさん。今年からは薬をやってるのでかなり楽なんだけど、楽した分量が地獄となって帰ってくるのじゃないかと不安になるほどに楽。「楽」に草冠つけるだけで「薬」になるのだと小学校で習ったのでなかったか。読みかけて3日目のアンデルセン「即興詩人」口語訳を泣く泣く返却。すごくおもしろいのでこれは買おう。ついつい2冊3冊と「字の本」を借りすぎてしまうけどまあいいのだ。森鴎外訳の文語体にも挑戦したくなった。絵本は毎回同じの借りてるぞあいつら「おじさんと傘」「はたらくじどうしゃ1〜4(特に4のしょうぼうじどうしゃ)」「飛行場の自動車」「スモールさんと消防車」「パノラマ特急新幹線」など。。。ところで福生のBIGMAMAが閉店ということでまーしーが前の日から行こう行こううるさかったけど、図書館の中庭でランチしてるとまたデンワで行こう行こううるさい。おれはやることあるんだぜとか、やることもないのに断ってしまって、帰ってから午後は最近アキコダウン気味で少々荒れた居間の掃除やら食器棚の整理やら段ボールをまとめたりなど家の事してた。どこそこが閉店で、自分みたいな何度か行っただけのただの客が行く意味が少しもあるのかなあなどと考えだしてしまうともうだめだ。
b0119183_693670.jpg
食器棚の奥にあった保存容器、蓋が変形してガラスと変にくっついてしまっているのを外そうと少し力を加えただけで簡単にペリン!と割れてしまい「やっぱし割れたよね〜」己に突っ込みいれてるとママ夫妻が「車かったから自転車とりにきたよ、あと保険にも入るよ」とスウェーデンの四角いのに乗ってやってきた。かっこいいねえ。あいつら車買うの流行ってるな。しかしこんなものは一億円あげるから作ってみろと言われたにしても、テールライトぐらいしか出来ない代物で。そんな化け物に当たり前で乗ってカネ払っただろなんて偉そうにスピード出しちゃってんだよなあとか考える。移動時間短縮は人類の夢だったかしれないけど、こうなってしまった後には徒歩移動が一番の高級。その後もアキコダウンでじゃあおれがお好み焼き作るよとなり夕方生協へ買い物へ。ライちゃん連れていけとなって部屋で15分くらいフリーズしたけどそのまま単独行。日頃ライを連れ歩く大変さを少しでも味あわせたいのか、用事プラス子連れで行ってこい指令が度々下る。今回は昼間の疲れと少々遅かったのもあって逃げたのなおまえ。ええまあ。バラを買ったつもりがロース。見た目うまそうだで買ってはいけない。帰ってから家に残ってあった豚バラでキャベツ刻んでフライパンにて3枚焼く。2枚目以降の売れ行きがいまひとつでほとんどおれが喰ってはらはちきれた。焼きソバ入りは膨れるね。

こうして会社で死にものぐるいのタイピングをしていると指先にビリビリと帯電していくのがわかる。USBの受け渡しでバチ!パーテーションの扉ハンドルにバチ!コピー機のFAX用紙取り出し口でバチン!!特にコピー機には殺意を覚える。なんとかならないか。100えんライターの発火部分のみの白い奴を駄菓子屋で買ってる奴いたけど、あいつおれいまでも軽蔑する。スタンガンなんてもので護身〜などとわめきながらちんちんチャイナマンの背中に英国女がビリビリやってきたらおれは喜んで死ぬよ。
[PR]
by yuzzle | 2014-03-17 16:22 | 日記


<< 3月18日 3月15日 >>