3月25日

火曜はれ 夜、右手親指の先に刺すような痛み、棘かな。右手だとなにかとやっかい。左手の訓練を怠ってるなきみ。あとは人間トンネル、鼻に空いた二つ穴を隔てる壁にもデキモン復活でかむと痛くてあーあ。のりのりで作業、間違えた、遊んでいるとガチャと扉のハンドルだけが回りキヨが起きて来て作業中断「まだとーちゃんもだれもおきてないときにキヨひとりで夕日みたことあるんだよ」うん、こないだも言ったけどそれを朝日と呼ぶのだよ。などと説明していてつまらないなあ「夕日」のほうがよっぽど分厚いカーテン越しの発見という驚きの気分を言い当ててるやと思う。じゃあうんこしてくるよと消えたキヨと入れ違いにハルも起きて来ていよいよ作業終了、つづきはまた後で。そうこうしていると昨日の朝ハッピー散歩置いてかれたキヨの怨みを晴らす時が近づいてきた。彼らが着替えてる間に洗濯機をまわし戻ると寝間着脱いだままの下着でブロック遊びを始めていたのでわざと大きめにガサガサ音だしてウインドブレーカ羽織りながら「いってきま〜す」あわてて着替え始める二人。家出て早々にキヨが「とーちゃん今日は楽しかったね!」始まったばっかりなんだけどな...。
b0119183_238168.jpg
昨日の会社帰りにいつもの道を(わざと?)渡り損ねて真っすぐ行ってまだ入った事のない街を走る。5:30定時あがりなのでまだ明るい。3度か4度、道を曲がると案の定方向感覚がおかしくなってきて、微妙な斜め戻りをしていたり、たまに出てくる標識に惑わされてみたりとたのしく帰る。しばらく迷っていると狂ったスピードで車が行き交ってるのが家と家の隙間に見えてきてしまい、あーあの4号バイパス発見。で小旅行終了。交通量を物語る荒れた路面を後ろから轢き殺されないように死ぬ気で漕ぐ。あるスピードに達するとデコボコが点で繋がりフラットに感じられる瞬間が訪れる、、、じゃんね〜などと観察してみてたのだけどやっぱ荒れてちゃ走りにくいや。ロードバイクとスケートボードは近い乗り物な気がしていたけどこんなところも理由かすらどうかすら。

”あなたは寝ているだけで資産、、”まで読むか読まないかで削除するようなメールを何度も出してくるのは何か別の目的があってのことなのか、それとも直球、数打ちゃ当てろだろうか。ひっきりなしでやってくる。そうだそうだメールアドレス持ってるからいけない。デンワセールスだってデンワを持っているから。訪問セールスだって玄関があるから、家があるから...。極論がすぐに吐き出されてしまう午後、だいぶしまになってきた証拠。ババアも横で何やら文章を打ち始めてるぞ。「どうしてこれで、おとこ達の仕事ってのは楽なもんだ。こんなのが仕事なのかい?ふん、わらわすなってんだばーろー...」などと書いてる。かどうかは知らない。
[PR]
by yuzzle | 2014-03-25 16:37 | 日記


<< 3月26日 3月24日 探険車 >>