3月29日

午後5:33にタイムカード押して、階段下りながら小さな折りたたみ式の黄色いプラスチックに向って「帰るよ」と喋りかけると低い声で返ってきた。あらまのかあちゃんダウンで大丈夫かいなと家に近づくのと同期して暗く、濃くなっているグラデーションの中を漕ぐ。などとうまいこと言ってる場合じゃねーやと暗いガレージで何度も消し忘れしてるテールライト点滅を確実にこのやろうと止める。振り返って確認もした。大丈夫。油断ならねえからねあいつ。それから暗い玄関に電灯のスイッチを入れてから居間に入ると3匹がわーいわーいの大歓迎でお出迎えしてくれた。家の門入る時にちらと横目に見た洗濯物達を取り込みにビニールハウスへと来た廊下を戻ると一匹のカミナリがゴロゴロと付いて来て長靴履かせろと座る。履かせてから「先に歩いてるよー」少し歩いてから振り返ると車の陰から黒いカミナリがきゃっきゃと走りよってきた。干してある洗濯物を取り込み、戻ろうとすると「あれ〜、あれ〜」と指差すカミナリ。お風呂用の足拭きマットがポツンと取り残されていて、ありがとうライちゃん。かあちゃんは2階で寝ながら辛そうにしてた。「じゃあしょうがねえとーちゃんパスタやっか」と言うとハルの目がピカピカ光った。ニンニクのいい香りがしてくるとカウンター越しに料理人が注目され始めたので、厚めに切ってよーく炒めたベーコンに白ワインをドボドボ入れて鍋を斜めにしてジュア!!と炎で応戦する「とーちゃんすげえなあインド人みてえ」と喝采を浴び「アリデヴェルチイタリアンだよ」というと「ランボルギーニもフェラーリもだよね」脳内シナプスがバシバシ手を結んでおるな。同時に生トマトを5個刻む。ソースたっぷりにしたいからね。ツネさんが伊勢お土産シリーズのひとつ牡蠣薫製を出してきたので一緒にビール飲みながらの料理。部屋にアキコが居ないことを良い事にツネさんがテレビを見てたけど、食べ始めてさりげなく消す。全然さりげなくないけど「ちゃんと前みないとこぼすだろ〜ほら〜」とか言いながら。まあ食事は食事だよという子育てコンセプト?があるのでツネさんには悪いけどバチっと消させてもらう。ハルが大盛り大盛りうるさいので今回ツネさんより盛っておいたらさすがに食べきれなくて小声で「とーちゃんおおすぎなんだよ〜」と力なく皿をよこしてきて笑う。ツネさん伊勢お土産シリーズ甘味部門、初日はイチゴういろう、2日目に栗ういろう、そして本日3本目(賞味期限切れ)のおぐらを「おぐら一番うめえなあ」とみなでもぐもぐ頂く。かあちゃん居ないので最後に残っていたコーシー豆を冷凍庫から出してゴリゴリしく。やっぱうまいよ食後のこーしー。食器洗いしてる間にツネさんにお風呂3匹一緒に入ってもらう。そんなことでもう9時だわ。主婦って大変ね。3匹歯磨きさせて寝間着きせて、ねろねろねろ〜と寝かせる。ライがひとりで下りて来て「だっこよ〜」お茶飲ませてからまた戻って寝かせてからどんより濁った風呂に浸かってさっぱりする。風呂上がりに図書館で借りた安野光雅「空想の絵本」をパラパラめくっていると角材が組合わさった三角のペンローズの形に目がとまり、説明に「5分間くらい眺めて覚えて描いてみるとおもしろい」とあったのでよーく見て覚えてから洗濯物をたたんで部屋を軽く掃除してから2階へ。辛そうなかあちゃんの足や手、腰、肩をもんだった。「だいぶ楽になったよ〜」と言ってはいたけど辛そうだ。枕元に散らばっている絵本をまとめて本棚に戻すとレゴがやたら散らかってるのが気になって片付けようと触れてしまったが最後、斜めのパーツがタイヤハウスとしてぴったりにハマってしまうともう止まらない。そっからレスキュー車にかかり切りになって3時間くらいが飛んだ。隣でみな寝てるので変な体勢でパーツをそーっと探していたら、しまいになってふくらはぎがコムラ〜とつってしまい一人で大変だった。部屋戻ってから寝ようとしてるとああそうだったと思い出してペンローズの三角形をノートに描いてみる。ありゃあ?何度やってもうまくいかないので本を取りに階段を下りる。カンニングしながら描いてなんとか「ああ〜ね、」と理解したような、だけど気持ちわるい。己の視覚のいいかげんさをそのままに眠ることにした。布団に入ると毎日設定してある3時の目覚ましアラームがブーーーっとなった。
b0119183_4431023.jpg
今朝のNHKニュースでグリーンランドの氷が予想を超えるペースで溶けつづけてるぜやばいぜ考えてるヒマはねえぜと、かっこいいおっちゃんが出て来てやってたけど。だからっておれは二酸化炭素出しまくる側の人間をやめないし、PM2.5だし、バカだし。行くとこまで行って、はいおしまいというのが人間かよおいおまえと問いかける。自然は、宇宙は、それでも「あ、そうでしたか」と続いていくだろうし。迷惑の張本人の先進国の人々だけが滅びるわけにはいかなくてカエルがもう怒った!と怒っても「あ、そう」ぐらいなことでごんごん回っているのだろうよ。廃墟に未来都市を見るだめ人間とはおいらのこってしてへえ。かあちゃん辛いながらもおにぎりを握ってくれたのでそれを持ってチネリで出勤。チネリチネリってイタリアンかいおまえさんボンジョールノロベルトバベーネ。やすもんでんがなこんなん。しかし家庭に中古でも15万円相当の自転車持ち込みは大迷惑だろう。がんばってガソリン代稼げよとーちゃん。しかし会社に行くとーさんとはこのとーさんのことですか?とパパンダの台詞を言いたくなってくる午後。派遣のばばあは今日でさよならで昼休みは読書にいかずに対談した。「前に東京電力の請求書がむき出しできて文句言ってた時に電気使ってたら文句言っちゃだめですよと言われてハッとして家帰ってからもずーっと考えました」「おえ?そんなこと言いましたっけ」おれは知らないうちに酷いことを言ってる場合があってあせる。だめなことあるかいっての。ばばあが飼ってたナマズの話になって「あの日の地震で水槽が割れて死んじゃって〜」でおれも昔ミーボが飼っていたアロワナが飛び出して丸一日水槽の外で過ごして、あーあと水の中にもどしてやってたらバコ!っとエラが動いて蘇生した話しでドひゃ〜!と驚いて頂いた。そんなばばあにも来月初孫が出来るそうで「ああ、おばあさんになりますね」「そーなんですよ、いやだわ〜」としかめっ面「子供達にお義父さんなんて呼ばせてます?」「はやりのジージとよんでますがジジイでいいんじゃないかと」「あっはっは〜じゃあ私はババアだわ!」そうそればばあ。ばばあは最後の最後でまた基本の基本を間違えてて「だめじゃねーかババア」と一緒に笑った。最後にブドウ味のど飴いただく。おつかれさまでした。
[PR]
by yuzzle | 2014-03-29 17:32 | 日記


<< 3月31日 3月28日 >>