4月3日

どたどたどたがやがやがや。家に帰り着くと中から聞こえてくる。静かに玄関を開けるとL字廊下の突き当たりの階段前を左から右へとアキト、ハルの順番で走り抜けていった。目の前に「ユズルくんみて!」ダイトにプラレールが敷き詰められた和室空間へと案内されるとみなさんお揃いで。プラス5人のちびっこ増でどやさあ熱気。ローカルのハルとキヨは「おれたちすげえぜ」の興奮で普段やらないような2階ベランダからのクジラや蛇のぬいぐるみ投げをぼんぼんやってアピールしてたよとかあちゃんから報告を受ける。しかし5人ちびっ子が増えてるのにまだまだ余裕ある家ってすげえのなあと改めて感心する。リエちゃん希望の朝鮮飯店は子供らの回転寿司勢力に破れ、回転でも高級な銚子丸のテーブル席2つを占有すると見る間に皿が積み重ねられた。ツネさん、アキト、キヨと対座、横のライの「あれーあれー」の要求に応えつつ「ああホタルイカいいですねえ」などと生ビール乾杯おじさん。「はいクジラ握り!うまいっすよ!」で一瞬あれこのタイミングでか?となるけど、ツネさんがひょいっと貰ってそれの1かんを進められるままに頂く。馬刺みたい。その国でタブーとされる食べ物があるのはわかる「えーイヌ喰うのかよー」とかの文化の差、感覚、感情的なのはややこしいな。まあ宗派とか。いいよいいよ、この調子でマクドナルドもケンタッキーも吉野家とかも順次国際的に禁止していけばいいよ〜、という極論おじさんはおいといて、なんだろうなあと思う。直接手を下さずに肉食べちゃってるおれなんかがなんじゃかじゃ言えるもんじゃかんじゃ、ないや。だけど調査捕鯨という言い分けにしか聞こえない怪しいコトバに対するこの判決は当たり前かと思った。膨大な勘定はまたしてもツネさん。たまには払おうとするけどいつもあきこになんとなく阻止される。つーかおれがなんとなく阻止させてるのだな。毎度毎度の感謝でございます。え〜日本にはつるの恩返しという昔話がありまして〜。家に戻ってから0歳児マサトを座ってあやすリエちゃんの旦那にさりげなくポチ袋を渡そうとして「いやいや〜ユズルくん」となって手を振ってるとこに、結果ほらよってな感じに投げてしまい失敗。おれもコノハちゃん抱っこして片手だったのもあるけど、手から手への受け渡しの礼儀を知らない、頂くばかり人生なのがバレたことにハッとして凹む。ヒロくん堪忍。日帰りコースの嵐が去った後の居間はせんべえやらチップスやら食べこぼし破片が裸足にぐさぐさくるので掃除機の強で一周する。明日はライ入園式。どろんとした風呂に浸かって布団に潜り込んだのが10時過ぎていたので今日は絵本無し。とーちゃん宇宙って暗い?どーかな、宇宙って空もだよ、星とか月とか太陽とかも全部だな。ふーん、じゃあ死ぬと宇宙いく?いや行くと言うよりもここも宇宙と言えばそうだからなあ、人間の体も宇宙って言えばそうだよ。えー!じゃあハルの中にはなにも無いよ。おお何も!?だけどハルが乗り込んでるから今こうしてお話できてるんでないの?えー、だっていまハルの中にはうんこしかはいってないよ。などとこそこそ話で眠りに落ちて行く。
b0119183_4503184.jpg

[PR]
by yuzzle | 2014-04-03 02:23 | 日記


<< 4月4日 4月2日 >>