5月2日(金)ハレ

なんだなんだみんな休みやがってのこのフロアすっかすかじゃねえか。おかげ様で朝っぱらから充実した働きっぷりをみせている埼玉県正社員39歳おじん。5つの仕事と3つのデンワの応対をこなすおれはオクトパスなのかあ状態。しかしこのことからわかることが、いつだってこの程度の人数で回っちゃう仕事なのだったということで。おまけにこのように日常記述もしながらの余裕。おれが給料を払う側だったらこんなぶらぶらしている奴らが社員で耐えられるのだろうか。いやその前に給料って誰がくれてるんだろう?という、なるべく考えたくなかった疑問。それだけの働きを、社会貢献をしているか?絶対にしていないという自信あるよおれ。誰かが泣いている上澄み分をうまいこと奪った上での生活にすぎないという自覚。この椅子取りゲームでたまたま座れたってことだけで、この椅子システムに弾かれなかったという、ただのそれだけのことで決まった数字が毎月振込まれてくるという生活。口では反対を言いながらその実行動においては原発肯定派じゃねーか。うーぬ。。じゃあおれは、この与えられた機会を有効に利用して真面目な働きをしていかなければいけない。つまり、今のこの日本社会でおれがこれを実行に移そうとするならば、昼間はゆったりと会社で静養し、いざ持ち場に就いたのなら出刃包丁をば傍らに置きまして〜って、ようするに寝るんじゃねえということでして。そう言うわりにはこのところよく寝てるよねきみ。死ぬ気でやれ死ぬ気で〜。死にたくない。

人間を表面と裏面に分けて考えようとするとおもしろい。普段は表面だけを世界というか視界と捉えていて、どうやっても物理的には裏からの視点を持てない仕様なんだけど(エクソシスト〜、又はざぐっとやられて首が飛ぶことにより死ぬ前の自分の背中が見えるってのは...まあいいや)だけど夜中に限らず、なんとなく不思議であったり、嫌な感じであったり、時と場所によっては、この裏面からの視点というか視線というか、なんだろうオバケや背後霊なんてコトバを持ってきてしまうと簡単すぎて違うのだけど、まあ背後霊(持って来てるじゃねえか)としての自分(?!)をみつけて「やっぱしな」。。。二つの同時進行している世界というのがあり、これらはお互いにリンクしているのだけど、身体が一つなのでこの二つを同時に知覚できない絶望感覚とでもいうのか、ドラクエ視点を持つとどんだけはやく移動しようが10m先は永遠に10m先でしかないという...。あそこに見えているセブンイレブンは実は昨日と同じセブンイレブンではないのだよなどと、、わけのわからなくなってきたぞ。あの、まあそろそろ人間は物体であると同時に霊的な存在でもあることを認めて、たかだか人生80年などとせこいことを言わないでざっと一万年くらいは生きて来たけどさあ〜を言わなければいけない。

数日後に控えたキースジャレットソロコンサートに備えて各々の身体器官が準備を始めているのかゲコゲコ。調べたら最初にライブ行ったのが96年の渋谷公会堂でのトリオからだったからもう18年目かよ。「くるよ」の情報をキャッチすると必ず行くおじさんだから単純計算でライブに20万以上つぎ込んでるのか。これに加えレコード、CDも全て持ってるからどんだけぶっこんでんだよ。しかしカネなんかいくら失っても全然足りないぐらいの何かを貰っちゃってるんだよな。消えて無くなるものの不変さとでも言うか、一種の教えなのだと思う。(ただのファンだろ...)そんな(どんな)今朝はあきこ立ち会いの元、びびって買い控えていたNO ENDとブレゲンツ・ミュンヘンのソロコンサート(ブレゲンツだけのは持っててすげえ聴いてるけど今回のECMの抱き合わせ作戦に乗ることにしたクソ)のとどちらも国内盤を一気にネット注文「おまえ8千100円くれるよな〜」をあきこに言わせる。特にNO ENDは異色作品ということでHMVのレビューにも☆ひとつで「最悪だ。遊びでテープまわしてんじゃねえ」とかあって期待している。教祖(やっぱりか)からの「爆音で聴いてくれ」というリクエストに応えるべく今からアンプを暖めておく。キースジャレットのロックな側面を、おれは好きだよ。
b0119183_3515012.jpg

[PR]
by yuzzle | 2014-05-02 17:20 | 日記


<< 5月7日(水)ハレくもり 5月1日(木)雨のちくもり >>