5月23日(金)くもり

昨日の帰り道旧4号、かあちゃんへのバースデーケーキを予約しにキャトーズへとわっせわっせと輪っか付きフレームを走らせるけど、行くてに広がる空にはもくもくに盛り上がった黒い雲。もうあと少しのところで...ポツリと来たなあ、と感じてから数秒でザーーー、ピカ!ごろごろごろ〜。ちょうど消防署があったので軒下へと逃げ込み雨宿り。すぐ止むだろうと稲光の観察の為に空を見上げながら片足立ちでバランスを取るかがしおじさん。ピカピカを何度か見逃す。空のどこに焦点をあわせていれば光の筋を余す事無く観察できるのかと途方に暮れていると汗もひいて風が冷たく感じられてきた。ズブ濡れで自転車を漕ぐ人、いままさに雷雲通過中にも拘らず歩道橋を一人傘もささず歩いていく中学生男子。じゃあ男子たるものおじさんも濡れて帰るかいっちょと思っているとポケットの中でブルルと携帯電話が震え、お家の方が迎えにきてくれることとなり。しかもツネさんが来てくれるという。じゃあと、また空の観察を続けているとだいぶ雨も落ち着いて来て少し明るくなってきた頃にマツダボンゴを運転する青いつなぎ姿が目の前を勢い良く通り過ぎて先の信号でUターン、したかと思ったらそのまま歩道内をギリギリ攻めて走ってくるツネさん。すげ。テールゲートをバコンと開けると、この車で下半身不随となった重たいベルちゃんを乗せて動物病院へ通ったことが思い出された。家に付くころには雨も上がって水たまりにはどんよりと妖しい空が映り込んでいた。ゲッ、ゲッ、ゲゲゲのゲー。お義父さんありがとうございました。あ、ケーキ予約しなくては。
b0119183_0255683.jpg

[PR]
by yuzzle | 2014-05-23 16:02 | 日記


<< 5月26日(月) 5月22日(木)ハレ→雨 >>