6月11日(水)あめ

なあんだ、毎日が同じことの繰り返しかあとなっちゃうのはつまらなくて。あと、つまらなくなってくると毎日が同じことの繰り返しかあに感じられて来て。にわとりとたまごとどっち先たべますか...。変化を求めるからつまらなくなるのかもしれない。しかも中途半端でせこい求め方なので余計にだめだ。いっそのこと「そーだよ毎日同じ事の繰り返しだよ」と決めてしまえばいいのだろうか。同じ事を繰り返す中でしか得られない事だってあるのでないか、など。ふわあ〜っとあくびがでるな。いつものように3時のアラームがピピピ〜鳴って起きたけど、またすぐ寝た。なんか時間に追われるような、学校的な疲れるユメを数本みたことだけは覚えているけど内容はさっぱり。起きて映画でも見ればよかったな。明るくなって目が覚めたけど外のどんよりとした空と同じ気分でいつまでも寝ていたい。だけど時計を見てしまう。見てしまうと時計通りの一日が始まってしまう。ハルは大分前に起きてツネさんとハッピー散歩に出ているみたいだ。まずはうつ伏せで寝たフリをしていても、その背中でニコニコがバレバレのライを布団から剥がしてトイレに連行する。しょー、やってから今日も一人でトコトコ下りて行くかわいいカミナリ。残るはキヨ、この人もタヌキ寝入りを決め込んでいるのでこちょこちょして起こすと「おんぶしてくれい」と甘ったれた声で背中におぶさってくる。洗濯の水汲みをして戻るとテレビにはヒラリークリントンがドアップで写っている。去年の誕生日にまみちゃんから頂いた本、南伸坊「本人伝説」の顔真似が即座に思い出されてきて笑ってしまう。写真に添えられた”本人”の文章がまた最高におもしろくて死ぬ。ジョークを真面目にやらねえ奴(...できない)は黙って死んでろってことだと思う。台所の踏み台に乗り、ちょこんと頭を出してお手伝いをするライ。まな板上に刻まれた食材の確認「なーす?ぴーまん?」一つずつやっていたと思ったら「うまい〜?」と生ピーマンをつまみ食い、その様子をすかさず連絡帳へ記入。午後からはまた大雨の予報なのでボロボロの長靴を履いてエンジン付きで家を出る。ビニールハウスに干してあった昨日の洗濯物を取り込んで戻って来たあきこが見送ってくれた。
[PR]
by yuzzle | 2014-06-11 18:11 | 日記


<< 6月12日(木)雨→くもり 6月10日(火)くもり >>