6月16日(月)はれ

この世のどこかに私の脳みそのシワとそっくり同じ形をした手の平があり、頭蓋骨のヘルメットを外した頭頂部からその手に温かく静かに握られているようなこの眠気はどうしたものか。まあでも、いつものように日常を記すことによってこの魔の手から逃れようという作戦で今日もやってみよう。天気のよい土曜日、朝から見当たらないハルとキヨを探しにライ抱っこで玄関から表に出ると、関根自動車前発の春日部観光しんちゃんバスが目の前でプシっと止まり自動ドアが空いてハルとキヨが降りてきた。「ライちゃんにもしんちゃんバスキーホルダーもらったよー!」とそれを手に走ってくる二人。ツネさんは今週もまた旅行。いってらっしゃ〜い!と手を振ると乗客(近所のおじさんおばさん達)全員が手を振り返してくれた。茨城だと帰りが遅くなるだろうと、脱水の終わった洗濯もんカゴ2杯分を手にビニールハウスの中へ。完全に閉め切ってあったそこは”干物の刑”なら2時間が致死量かと思われるほどの灼熱ワールドで、なるべく静かな動作で週末大量の洗濯もんを「まあだおわんね、まあだある」やっとこ全部干し終わり、そこから脱出すると世界が爽快となって迫ってきてしまい、当初の「エアコンばりばりの現代車デリカで快適移動」の予定でガレージのシャッターを開けていたのが「え〜、ベンツがいいよ〜」というハルとキヨの希望を受けると、あっさりディーゼルメルセデスに変更してガタガタそっちを引っ張り出すおじさん。”サービスエリアで朝食を”の計画で、なんとなく白目のあきこを助手席に、3匹後席で茨城へ向け出発。もうすぐ柏インター入り口のところでがっつりの渋滞16号。信号青でもブレーキランプ点灯し続ける最悪パターン「いつもの下道でいけばよかったね...」などと言ってると少しづつ流れ出し、事故の看板が見えて「なーんだ」とトラックとカウルが凹んだVFRの黄色を警察が写真撮ってる横を通過するとあっさり常磐道へ。お待ちかねの朝食、守谷SAに入ると建物工事中で仮設店舗が営業していたけど「先にもまだあるかね」と走り出してしまう。結局目的の出口までに食事付きSA無しでハラを減らしきった不機嫌が運転手おじさんを無言で追求してくる時間が重くのしかかってくる。この追詰められた状況のまま土浦駅のほうに「パン屋さんでも」と舵を切るが全く見付けられないで結局セブンイレブンでおにぎりとサンドイッチを買う。もう11時近くになっていた。

茨城、オヤジの家への最後の角を曲がると空と水平線が見えてその坂を下りきったところに、モモとピピとオヤジの1人と2匹が居るのが見えた。やあやあこんにちは。ボロボロ度が更に進行しているなあと、お化け屋敷の玄関を入って靴を脱ぐとろくな会話も無いまま、ホットプレートで肉を焼き始めるオヤジ。寿司も大量に出て来てテーブルがいっぱいになるけど子供らさっき食べたばっかしで食いつき非常に悪くて変に気を使って喰うおれ。更にエビタマゴの調理を始めるオヤジ。換気扇の羽がどこかにぶつかるのか、スピードに乗るまでゴンゴンゴンゴン!とすげえ音がして子供達大爆笑。そしてタマゴは黒焦げにしてしまい「え〜いくそ!」ニワトリ行きとなってしまう。エビスビール3本目を開ける頃合いで「10月にもうひとり産まれることになったよ」と伝えたい事を伝える。「やったな」「やったよ」がっちり握手した。メールではオヤジに一番に知らせてあったのだけど。ご馳走をそこからだらだらと、しかしきれいに食べ切りハラもはち切れた。いつも行く近くの海浜公園にみんなで車に乗ってオヤジお得意の模型飛行機を飛ばしに行く。飛ばすことだけに没頭するオヤジ、風が少し強かったけど数回いい距離飛んでた。しばらくして「海のほう行くけど」を言うと「わしその辺でまっとるわ」となり、3匹がコロコロ海へと続く坂道を走っていくのを「ころぶよ!」と追いかける。以前には砂浜だったところは階段状のコンクリに波が打ち寄せているだけの”無骨”に成り果てており「おまえら海なんかで遊べるわけねえぞ」といった荒々しい表情をみせつけていた。下りて来た道をまた登って戻るとオヤジが木陰に座ってるのが見えた。みんなでそこに座りしばしのんびり過ごす。家に戻るとテーブルに置いたまま出たあきこ渾身のナッツタルトをピピとモモが喰い散らかしており...。一同どんよりしていると、オヤジが丁寧に包丁で大丈夫そうなとこを切りとってお皿に並べたので「うへえイヌのよだれが...」と思いながらもみんなでおいしく頂く。あきこは遠慮していたよ。まだ明るい内に「じゃあね〜またね〜」あきこの運転で走り出すと西日でギラギラ輝く海を背景に手を振るオヤジがどんどん小さくなっていった。犬もニワトリもいるから少しはあれだけど、いつだって寂しい去りがたい気持ちになる。なるけど必ず去るおれ。寝たきりの老人がテレビに映し出される度に「うえ〜わしあんなんまでして生きたくないわ」とすげえ形相で言ってた親父、相変わらず元気というか普通でビビるけど、81歳は立派なお爺さんなんだよな。ってところで時間となったので帰る。続きは明日書く。
b0119183_330398.jpg

[PR]
by yuzzle | 2014-06-16 17:24 | 日記


<< 6月17日(火)ハレ→くもり 6月13日(金)ハレ >>