12月24日(水)

ユメ→朝まだ暗い内に目覚める。高校の課外授業が大阪であることを突然思い出し、やばい!となり急いで徒歩で大阪へと向う。以前にも歩いて大阪まで行ったことがあって同じ道を行こうとするけど、自動車専用道路なのでとっても危ない。トンネル内では後ろから猛スピードで肩ギリギリにダンプやらトレーラーがボンボン通り過ぎていくし、とにかく危険。暗くて先が良く見えないので、こんな時はおもいきって目を閉じてしまったほうが逆に見えるんだ、前に来たときもそうしたんだったよな、などと一人思い出し納得しながら壁伝いに手探りで歩く。しばらく行くと分岐地点となり、道を横断しなければならくて困った。タイミングを見計らって「えいや」と道路に身を投げ出すと同時にべたっと身体ごと地面に張り付くように倒れてしまい、道のド真ん中で金縛り状態になってしまった。気持ちは焦るけど一歩も前に進まない体で声も出ない。なんとかしないと轢かれてしまうと10分、15分、言う事を聞かない身体の中でもがく。あれ?ここは車通らない設定なんだったっけ?と気がつくと同時に金縛りも解けて今度は軽々と飛んで歩けるようになり、トンネル脇に歩行者用の通路があることがわかり、最初からこっちを歩けば良かったのだったなと、天上の低いアーケド商店街みたいなところを中腰になったり狭いところを横になったりしながら歩く、部屋がむき出しで畳に雑魚寝で長距離トラックの運転手が仮眠をとっている部屋などを通り過ぎていくと、昭和な喫茶店兼バーがあり、そこで海の家ラーメンをすすっていると席のすぐ後ろを父親がダンボールの角をわざとおれの頭にゴン!しながら向こうに歩いていく。なんか怒ってるようなのでおそるおそる話を聞いてみると「今回のニュージャージー(大阪でなくなってる)特別授業料金の112万5千円が明後日に引き落とされる、なのにおまえはこうして授業にも参加していないのはどういうことだ?おれはこれが請求されているのはおかしいと思うから今日これから学校側に告訴しに行く予定なのだ」というような内容がテレパシーで伝わって来た。一日で112万の授業だったら、それで勝手にどこへでも旅に行くのに〜などと、やるせない学校システムに順応している状況にキレてると雀がチュンチュン、朝日が昇ってきた、しかし今ここはもう大阪、大阪までは歩けば8時間と少しで行けるのだったなと納得している。人間なんでもやれば出来るもんだったよ。ちょっと前から隣に座っていた利枝ちゃんに「みんなニュージャージーで授業してるのにユズルくんだけ家で除夜の鐘聞いてたってのがバカすぎるね」と批判されて、そうか昨日が大晦日だったのかと目が覚めた本日クリスマスイヴ。今年からはサタンさんがくるべかね。
b0119183_2173330.gif

[PR]
by yuzzle | 2014-12-24 01:16 | 日記


<< 1月9日(金)年頭所感みたいなの 12月19日(金)ハレ >>