<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

sicker

「やばい!」学校に遅刻して、ごまかしながらもねまきのままのズボンを履き替えようとして見つかってしまうと言うゆめをみたよ。まったくもっていまだに学校の夢が襲ってくるのはどーしたもんだろか。あんなプレッシャーを子供たちに与えておいて平気でいられる大人とは今のおれなんだろうかそうだろうか。学生服でもって全体をすっかり覆っておいて、じぶんらしさを求めるような反骨っぽいアーティストを沢山作っておいて、みんながみんな個性的で、そーして個性的が埋没したところでもって、おまえらは無力だと言ってきかせるまでもなく、だまってそのまま進んで戦争にだって行くのかもしれない。先週の日曜日に図書館にてボスのくそでかい画集を借りて帰って、相変わらず打ちのめされていると、やろうと思っていたこととは反対方向、お好み焼きかなんか焼いて、風呂になんか入って、ゆめのお国にへ、、といういつものコース
b0119183_44430.jpg

[PR]
by yuzzle | 2009-12-20 04:24 | text

butakun

いまのおれは仮のおれだぜとか思ってなんとなくやって うまいこと生きてるようじゃあ、まだまだだったな。おれのやることじゃねーとか思いながらやってるようなのはまだまだだったな。カネで社会とつながれる方法だけだったらそれでもいいのかもしれねーけど、独り穴ぐらで食べられないもんでもって食べていたっていいじゃないかとおもっては震えていたり じゃあぼうずになるのか。つまらんやっこはぼうずになれと枝雀さん言ってたけど、出家って家出をひっくり返すのかよなんてことで ぼさぼさの髪の毛が物語る、モノガタリってやつをよ、ぎんぎんに稼働させろいって言ってくるけど、いつも布団の誘惑に負けるのよ 寒さに勝てないのよ暑さにも負けるのよ。勝ち負けでもっていこうとすると全てが灰色(はぁ良い色〜なんつって)に見えてきて、写真はモノクロに限るのな〜とか言って珈琲なんかを飲みながらいろいろな人が描いた絵やいろいろな人がやった録音を鑑賞していると、もうこれでいいや、全てが出揃ってるやんかと思ってしまいがちだけど、ふと ちょっとした時間がやってきて、空中にあるというじぶんの中に入り込みながら外を鑑賞する時には 見たいもの聴きたいものは 全てが隠されていたなってことがわかる。 あーそーかよ、よかったな サケでものんでからねよう。
b0119183_125548.jpg

[PR]
by yuzzle | 2009-12-17 02:11 | text