<   2014年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2月27日(木)

晴れてる日はまあ百歩譲るとして、雨の日だけはバイクや自転車に幅寄せするの止めてくんねーかな。と思ったけど、こっちが幅寄せさせるようなことしてるからいけない。「こいつ殺そう」となるには、それだけの理由があるはずなんだ。それにしてもあいつ、ヒーターと音楽の小部屋の中からカッパ着てる人間丸出しをよくも攻撃できたもんだ。前提条件が違いすぎるだろう。すりぬけんじゃねえといった正義を持って殺そうとするのだけど。自分よりちょっと有利に見えちゃう人間の不正だけがとっても許せないという心理は生活保護なんか必要ないやろ甘えやろという意見と同じ人殺しだ。おれはこいつとは違うでっかい悪に立ち向かうことにする。でっかい悪、それは己自身のことだ。なんつってな。

朝の洗濯DJ、全自動と二層式をまわすにあたり、まず二層式へ風呂水の水汲みバケツリレー。全自動には新聞契約でおじさんからもらった科学洗剤のどろーっとした濃縮タイプと柔軟剤を所定の箇所に装填。こんなもん下水管などと命名してごまかした河川にたれ流しちまっていいのかよなどという迷いもなく投入。会社、地上より数十メートル浮き上がったところで毎日おれは何をやってるんだろう。日記つけに来てるのじゃないだろうね?まあね。昨日は帰り道に病院に寄った。もういいよ自力で治すからとかあちゃんに帰るよデンワすると予約したからいきなね!となってしまい。なんとなくまだ調子も悪いようだしで行って来た。なるべく汗かかないようにローギアでカラカラと漕いでココスの手前の小さい病因に到着した。そしたら結構人来てるよやっぱこの時間でも。インフルエンザの疑いかけられたおじさん、カーテンで仕切られたベッドに座ってろとなってまってるとアイパッドの問診票やらされて、それがものすげえおわらなくて「がんだったら告知されたいか?」とかやたらにある問いにいちいち答えていってたら、まだかなまだかなと見に来るバイトババア、真面目に答えてるので遅いのもあるけど、量なんとかしてよ、で鼻の穴にメンボー突っ込んでインフル白で1840えん。3割負担で助かるけどさ痛くてオカネとられてなんじゃらほい。先生が「熱計ってみて」とやっても36.7で「あれ?おれうそついてないんす、確かに39度あったんす信じて下さい!」てな状況で、冤罪って怖いなという。完全に冷えたからだで家まで自転車がすげえ寒かった。踏切あかないと思ってたらスペーシアとりょーもー号が交互に言ったり来たり、計5両。おれ一人んときにこんなに来ても仕方ね〜つ〜のの突っ込みで踏切横断。

「とある都内での一枚の写真より」ああだめだこんなところに入っていけるわけがない。とてもじゃないけど、なにひとつなしとげてもいない人間が、きらびやかな人間が集うなうでおしゃれな空間に自然に溶け込んで行けるわけがないだろ。会話?とんでもない。まず共通の国語を持ってるとは思えない。ましてやここではみな着飾っていて髪型にしても最新式だ。「君が何者かなどどーでもいいのだし、逆にそのままのあなたがいいのだし、軽い気持ちで参加すればいいよ」と優しく言われたにしても、場所が要求してくる自分というものとおのれとのギャップはいつも絶望的に眼前に立ちはだかってボクを苦しめる。まあ自意識過剰、なにごとかをなそうとしてる時点でなさずに終わるだろうし、この場合のなにごとかってのはおそらく単なるカネとかモテるとかだったりするからなんだバカじゃんおめとでも言っとけばよい。そんなことよりさっき言ってたでっかい悪、そうだ宇宙の魔人に立ち向かえよ。おまえが魔人なのか?違うけどさ。まあ落ち着いて、まずはそこにある地面を黙って掘れ。と3階で書いてるとまたいつもの終了時限となりにけり。小柄で銀髪の営業のkさん、同じ頭文字のキースジャレットそっくりなんだけど、会話すると死んだ馬の骨という感想だよいつも。
[PR]
by yuzzle | 2014-02-27 03:46 | 日記

2月26日(水)

やあよくねた。夢では完璧な球体を目指すためのピカピカの分厚い銅で出来た四角錐の中にお好み焼きを球面としてどう構築していくかというような仕事(書いていると分けわからない度マックスだけど、夢の中では解決策を見つけた瞬間の充足した気持ちだったり、その策を持ってひたすら作業にのめり込む様子などから現実以上の実感を伴い、、、、ってわけわからん)で大変に疲れた。4時に起きてやろうと思ってた各種仕事をかっとばして6時58分起床。おおすっきり!風邪なおったなと体温計わきにつっこむと38〜と出てあらら。ツネさんのよそるお味噌汁は具の偏り方が半端ないよ。おれのは最後らへんだったのでトーフが全開で入っていた。ハルキヨライのは2、3こトーフ。なめこみそ汁うまい。で今日も自転車通勤。強制的に発熱、発汗させて毒素を絞り出す作戦なんだけど辛いもんがある。本当だったら家で本でも読みながらゴロゴロしていたい。だけど仕事が待っていると思うといてもたってもいられず、、、と思えるような仕事であればいいんだろうけど実際は分業流れ作業の一部としての機能を果たせていればカネやっからというシステムにのってるだけのあれでして、へえ。カネが無いと生活出来ないよというのはそれこそ無能を口外しているようなもんかもしれない。だめだ熱が下がらないみたいだ。今日はあと残り仕事なんとかして早退にしようそうしよう。

ぼげ〜検索酔いした。熱もあるから余計なんだろうけどさ、なにかに興味を持ってすぐ検索〜ってやっちゃうと画像やら文献やらドバーっといっぱい出て来すぎで、最初の興味を持った事自体が悪い事だったのじゃないか、ダメだオレはダメなんだとなっていくので検索もほどほどにしなきゃいけないってことで。簡単すぎる出会いは出会いではないのだ。あれかこれか、はたまたこっちか、の選択肢は頭が混乱するだけで。電撃一発ドカーン!を見逃し続けるだ。興味を持ったら図書館へ。これに限ると思うけどどうかな。情報処理能力が低いってことだか。だいたい情報を処理なんかしたくねーだ。情報って切ったら血が出てくるようなもんだほんとには。今日面接に来られたババアはまさに情報処理ババアといった様相を帯びていたけど、印刷の仕事はやったことないそうだ。まあ大丈夫だろう。基本的な読み書きが出来れば誰でも出来るような仕事ではあるのであって。採用になったにしても一ヶ月後にゃあ派遣切り。後結局早退せずにゲームセットまでいたってことでしたの5時29分なり。
[PR]
by yuzzle | 2014-02-26 04:44 | 日記

2月25日(火)

今日はハルボンズの保育園での浦島太郎劇の発表会。そんでおれ仕事でいけないいつものあれで。まーしーにお願いするビデオカメラのハード容量がめいっぱいだったので、少し整理するために一時間ほど早く起きた。ツネさんも起きてて米の準備とかしてくれてる。家主に一番にお知らせしなくてはと「あきこ四人目できちゃったみたいでして、へえ」で「あ〜あそう、なんかおかしいとはおもってたんだよね〜」とニコニコしてたのでよかった。算段ばかりが得意なおじさんだったら生活どうするんだい〜とかねちっこく言うに決まってるからね。だけどおまえどうするんだい〜。がんばるおじさん。

昨日寝る前は36度台だったのでまあ治ったろうと朝の体温計を見るとゲゲゲの38.3度だったのでこりゃビビビのインフルエンザかなんかだなと思ったけど、ほっときゃ治る作戦にして頭も昨日ほどガンガンしてないので常備薬えいやと飲み込んで自転車にて出勤。昨日はバイク。でもやっぱ息が辛い。ゆっくり行こうと思って少し早めに出たのに漕ぎ始めるといつもと同じペースになっちゃうもんね。このところ毎日風呂から出るタイミングで体重を計っているのだけど。去年11月には77キロ近くあったのが昨日は73.8となっていて、11月からの自転車通勤がやっと効いて来たのかなという感じ。69〜71キロがベストだと思ってやってるけど、どうなんだろう。軽いほうが高く飛べるよね?そんなもうすぐ40さいのおじさん。最初は太ももだけがモリモリ立派となってくだけで全然痩せてこなかったので、昨日は久々に73キロ台の表示をみてうれしかったのだけど。まあ日曜からの病人ってのも差し引かなあかんね。

そーだ、昨日は帰るとかあちゃんがまたオエオエ辛そうで、夕食の準備してなくて、じゃあ食べいくか〜となって武里駅の天上天でいつものようにツネさんにごちそうになりました。で、焼きたて餃子、噛むと同時に皮に穴が空いた隙間からニョル〜っと熱々の具が上唇と歯茎の間に装填されてきてしまい火傷、今ちょーど痛いひりひり。ライちゃんはエネルギーの固まりでビョンコビョンコしまくって鏡に向って鉄砲してるし、キヨは水を勝手に汲もうとしてこぼしてるしでもう大変。ハルは落ち着いてワンタンめん、春巻き、焼きそばと淡々と口の中へ運び入れていたよ。よく食べるよ。かあちゃんはやっぱりあんまり食べれず。痩せてしまうな。おれはラーメン。ラーメンってなんでうまいんだろう。
[PR]
by yuzzle | 2014-02-25 05:43 | 日記

2月24日(月)

耳鼻科の待ち合い室はもうすでにいっぱい。開業前の朝はやくに受付を済ませていたので少しの待ち時間で診察してもらえた。待ってる間、滝平二郎画集をみつけて壁に寄りかかりながらページを捲っていると初期の版画の作品のページでぶったまげた。これはちょっと研究してみよう。幼少期を茨城の霞ヶ浦で過ごしとあり思い当たるふしがいくつか、、、当時のおれのマメタ感覚が新しくよみがえる。そろそろハル達にモチモチの木を読んであげよう。ある日、召集令状が来てそれまでの作品、デッサンを庭で全部燃やしてしまった、あれは一種の自殺であったかもしれないなあというようなとこを読んでいて泣きそうになっていると「あだちさ〜ん」呼ばれた。小柄できれいなおばあちゃん先生がテキパキこなす診察、去年は花粉ひどかったけど薬飲まなかったと伝えると「なんだ?薬飲まない主義なの?」とずばり言われてしまった。30日分の処方箋だしてもらって帰った。土曜日は何をしていたかな。あきこは相変わらずオエオエやってる。いよかんを箱で買いたいと言うので道の駅まで行くが、お目当ては無くて、午後の遅い時間だったので野菜もほとんどなくてこの日におれがパスタで使うトマトと瓶のコーラ2本、子供達にミックスフルーツジュース3本というなんじゃこりゃな買い物をして家に帰る。今回のオエオエ酷い。パスタは子供らにめっちゃ好評でハルなんかは大人と同じ量をペロリ。少なくよそってあったかあちゃんのほとんど食べれなかった奴もペロリたいらげた。たぶんあと数年もしたら1キロ茹でることになるんだと思う。

そして昨日、朝から体温計に38.5と出ていてあきこに37.8だったと何故か虚偽の報告。午前中いっぱいかけてだらだらとやってた洗濯物をシャボンの乾燥機に持っていったのが2時を少しまわった頃。カードを4回さして32分の表示にして車に戻って借りてた映画と音楽を返しに反対方向に走らせる。フランケンウィニー、GUNMO、池袋ウエストゲートパーク1、星野源「ばかのうた」を返却。一週間レンタル旧作80円。支払う金額でその作品にどれだけ真面目に関わっていけるか違ってきちゃうと思った。どれも中途半端な鑑賞で終わった。GUNMOは映画館で観たきりだったけど今回はプレーヤーにかけることなく返却。また借してもらおう。そんでまたシャボンに戻ると残り12分という表示に、案外早かったなあとベンチに座ることにする。ぐわんぐわんになってきた頭を押さえて目を閉じる。かん、かん、かん、とファスナーが周期的に当たる音だけに集中していると自分のドラムが止まる瞬間がわかった。ほかほか出来立て洗濯物をきれいにたたんでカゴに入れて戻る。止まって窓の外には玄関開いてるな寒いのにあいつらだなと思うと、トレーナーだけの薄着ライちゃんが窓の外にストライダーで現れて笑う。だけど車の中がサンルーム状態であたたかく、寒気がひどく出られないのでそのままリクライニングして西日を浴びながら1時間ほどまた目を閉じた。完全に風邪だわこりゃ。子供らは残りのハヤシライスにオムレツでうまそうなの作ってもらって喰って、おれには米からおかゆをつくってくれて、ツネさんが買ってきたでかい梅干しとで喰った。無茶苦茶うまくて暖まった。常備薬の中から風邪薬を飲んだ。かあちゃんと子供達が風呂入ってる間にせめてもと洗い物と部屋の掃除をして着替えて歯磨きして寝たのが7:30。へーんな夢をみた。廃墟となったものすごい高層階の屋上かベランダで何人かで居るのだけど、おれは怖くて壁に張り付いてるのにみんな下を覗き込んだりしててアホかと思っていると下からショベルカーの刃がぐわんと来て、こんな高いとこまで届くような重機があるのか、いやまてよそんなに高くもないのかも?と下を覗くとやっぱり高い。前後があるのだけど、ものすごい怒る先生みたいなのも登場していて嫌だなあと思って起きたらまだ暗かった。汗かいてて布団の下に足突っ込んだらしんやりして気持ちよい。

居るんだか居ないんだかわからないようなのはもう居ないってことにしてしまっていいのかもしれない。そして自分はここでは居ないも同じ。そんな人間の寄り合いが仕事場かね。次の日から違う人間が肩代わり出来ちゃうような仕事を仕事と呼ぶだろうか。そんなので生活してみて数年が経過してた。その間にこども3人授かり、そんで10月にはまたもう一人加わるっていうじゃないの。これからは父親の背中を見て育ってはいけない。社会に居ない人間は子供からも居ないものと扱われたほうがよいのだ。立派な親だと子が出世しませんからね〜。とほほ。
[PR]
by yuzzle | 2014-02-24 03:41 | 日記

2月21日

あさの日の光と共に寝起きのキヨがひとり作業部屋にひょこり入ってきて「とーちゃん外がなんだか夕方みたいだよ」という一編の詩をいただいた。このお礼として本棚の高いところに前からキヨが見つけて狙っていたブリキのワーゲンバス救急車を進呈した。埃かむって飾ってあるより活用してもらおう。ライちゃん起こしてトイレへ直行、おれの両足を踏み台にして乗せる小さい両足の温度。ちびちび〜っとしっこでて「へへん」。マスクをアゴにずらしているハルは朝から不調のインフルエンザ。ジージの米をよそる分量が多すぎるとケチつけて泣き出す始末。そのままテーブルに向って咳をゴホゴホやりつづけてかあちゃんにブチ切れられてさらに泣き悪化。最終的にはゴハンが食べたい〜で大泣き。なんなんすか〜。

今日も快調チネリ。一週間乗ったらホイルの振れとりしなきゃね。空気圧もみてさ。油もくれてやって、ピカピカに磨こう。この2連休はめいっぱい働く。そうだ、昨年は目が痒くて、掻きすぎて腫れて目の前が米粒くらいしか見えなくなって死んだので、今年こそは花粉症の薬もらってこいとの指令が下っている。薬に頼りたくないのはわかるけどおまえだって現代人なのだということを少しは認めてもいいじゃないかマンモス。まーしーが買った中古アーマーゲーメルセデスのSUVが止まってるのを確認する朝。ヤークザかよ。シルバー、オーバーフェンダー、マフラー2本出し、イエーライツ!
b0119183_23285381.jpg

[PR]
by yuzzle | 2014-02-21 04:13 | 日記

2月20日

自分に近い境遇の人間がちょっとでも目の前にこられるとライバル視しちゃうのはどうしたもんかね。信号まちで止まるとすぐ後ろからロード乗ってる奴が抜いてオレの目の前で停止。おや?...つーか、やんのかこのやろう。信号青になるとオレはびったし付いてくよね。でその方膝がひらいちゃってる素人で。ペース遅すぎなので追い抜くと、すぐの信号が赤。抜いたことが気まずいので?その信号で左折しちゃうおれ。しばらく裏道走ってまたメインの通りに戻ってしばらく走っていると、あれ?前方にまたさっきの奴じゃん!案外ああ見えて速えーの?いやいやおれ裏道川沿いの石だらけの道しばらく走ってたじゃ〜ん、な〜んだ。なんて言い訳しながらも、今回もう抜くわけにゃいかない。車間とってそいつが信号で止まっても、だいぶ手前で止まったり。一回信号遅らせて離れたとこからスタートして、なんとか抜かさないようにしてたらやっと左折で消えてくれたのでそれまでのもやもやが爆発して人間機関車全開走行。
b0119183_23415492.jpg
100えんと100えんが同じ価値というルールのお陰でよかったりわるかったりしてる。だけどこのバランス、このところ悪いほうにだけ偏りすぎてないかと。出来ることに背を向け、けちくさいことには日々を浪費しまくるという、わかっていてもこれが会社、社会なんだなんて、全然わかってない。わかっているのなら今すぐに死んでみせろよ芸術家。疑いもせずにいたほうがいいんだよ。それで戦争になって迷わず躊躇せず人を殺せばいいのだ。殺されるよりはましだろう。いな、殺されたほうがいい。でも死にたくもない。どうすればいいんだ。いまさら無能を嘆いてどうすんの。最近3時に起きるつもりがだめだ。今日は1時間40分遅刻。うつらうつらとはしているのだけどあの布団ってのから出られない。単純にいま寒いのもあるけど、なんだろうこのこれ以上ない快適で幸せな状況はというのがでかすぎる。ライとキヨの間に挟まれて羽毛布団の軽さとその上から全てを覆って逃がさない毛布の重力。だいぶ遅れてやってきたなと暴君ディオニソス、な日々。うーむ、これらに屈してる場合ではないよメロスよ。まったく意味の違う100えんを稼がなくてはいけないのだろ?起きて作業部屋の石油ストーヴのお湯がグツグツいいだすころには起きて良かったじゃないか、本来のちからを発揮できてうれしいだろ。音楽も聴こえるし。などと言ってるばか。しかしすぐにチクタクわにさんやってくる。スミー!スミー!時計が発明された瞬間に夜が朝となるわけだけど...。タイムカードを押す人間というSFでも書こうかな。ああそうだった、書くまでもなく冗談みたいな毎日だった。
[PR]
by yuzzle | 2014-02-20 04:27 | 日記

2月17日

描いたものがどうですか〜とこびてくるからもう描くのやめたほうがいい。その時じゃあ一度全部を捨てようと試みるけど、無理。ぜんぜん捨てない。身に付いた生活。ここまでの時間。好きだと思い込んでいること。嫌いなこと。これらがいかにもおまえだよと言ってるようなのはやっぱりどーにもわざとらしい。自然と見受けられるものがどこにもなくてあーあ。重力がない。じゃあ描いてから、描くものをみないことはどうか。いやもう描かないのがいいんだ。いかにもの自分が描き始める絵なので、初っ端からそいつが描かないことがいい事だろう。風にゆれている枝とか、鳥とか、子供〜なんてのはすごい絵だとみえる。ほんとか?おまえに何が見えてるのかな?それらを死ぬまでにみていくしかないだけか。いや、その前に言えるほどいくらも描いてないよおまえ。なんとなく食べられるから余裕ぶっこいてるんじゃねーの。

ものすごく言い出しにくいところをがんばった甲斐なく、明日のキヨの保育園の発表会、今年もいけないことになった。来週ハルの発表会はもっと絶望的だろう。オカネの為だ。生活の為だ。所詮雇われの身だ。戦争いけと言われたら誰にも聞こえない声でブツブツ文句を言いながらも黙って従う身だ。会社は少し早めの繁忙期にさしかかったみたいだ。これまでの赤字分を取り戻すのだ。日本を取り戻すのだ。カネカネカネ。しねしねしね。
[PR]
by yuzzle | 2014-02-17 04:14 | 日記

sal protection "SLIP ON GLOVE" headtag

b0119183_0335330.jpg
サルくんがつくっているグローブは変態的にフィットするのでおれはいつも愛用してるぜ。
ロードでも、BMXでも、毎日。ドカタには使いすぎでボロくなった奴を...
今回またパッケージのデザインを新しく作り直さしてもらいました。
[PR]
by yuzzle | 2014-02-17 00:52 | works

2月14日

子供が新しい世界をむりくり突然つれてくる。元からあった世界の再認識と言ってしまうとちょっと、いや全然、違う気がする。死んでしまうことも避けられないけど産まれてくるのもまた避けられない。(避けられんだろ!という突っ込みが世間にたくさん溢れ帰っているのは知ってるけれどおれは知らなねえ。責任逃れ?)やもすれば後戻り出来るのが人生なんじゃないか?などという普段からの曇った脳みそを一気に吹き飛ばしてしまうエネルギー。やっぱりそうだった。前日夜のあきこのわかりやすい謎かけ「明日は三倍デー(セキ薬局のポイント...)だから検便してみるよ」家に帰るまでは4人目かあ。白だったらやべえなあおれやってけるのかなあといういわゆる「カネ」「オレ」の問題を前にぶらさげて走ったのだけど、あきこを目の前にして、結果どうだったかを訊いて、かえってきた何とも言えない表情をみた瞬間どこからか笑いがこみ上げてきたぞ。どーにでもなるよ、つーかどーにでもするさ!というなんだよこの湧き出る自信過剰はあぶねえなあという。そんで、やる気満々なはずなのに夜中の自分仕事もせずに子供達に「いやいやえん」を読み聞かせてしまうと満足して朝まで熟睡。そうだった、もうおれはやるしかないのだ。世界はとっくに始まっている。ねるなよ。そーかそーか、今日はバレンタインデーじゃないか。愛の告白だよきみ。
b0119183_491517.gif

[PR]
by yuzzle | 2014-02-14 05:14 | 日記

2月13日

やきだまえんじんけしかけ〜♪石油発動機で画像検索かけてる午後、こんにちは。ここんとこかあちゃん調子わるくてオエオエやってる。...その、まさか。そんで昨日は早めにかあちゃん寝ちゃって男どもだけでかあちゃん作っておいてくれた水餃子鍋を囲んでの夕食。自家製はくさい、自家製ネギ。ライちゃん野菜ものすげえ喰う。ポン酢をかけてくれと要求してきて、ちょろーっとかけると「きゃー」のお喜び。そして食後のひととき、いつものようにみんな盛り上がってきて遊んでいるのを洗い物をしながらなんとなく見ていた。突然(!)ライがテーブルに駆け上ったかとおもうと、その勢いのままジャンプ、その勇士、後ろ姿、消えていく丸く小さな背中をしかと見届けた。本人、床から一段上になってる畳に飛び降りるつもりがギリギリの床に落ちて大泣き。そりゃそう。すぐさま抱え上げてどこが痛かったか尋ねると「ここ〜」鼻先を指差す。そこかよちげえだろ〜とおもいながらもよしよし。。。元気すぎるです。
b0119183_23153842.jpg

[PR]
by yuzzle | 2014-02-13 05:12 | 日記