<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7月4日(金)くもり

本日は口内炎が痛いですよ。痛いという体からの信号にどうもありがとう。一昨日からの膝の痛みは多少痛くても動かしたほうがいいのか、それとも動かさせない為に痛くしてくるのかがわからなくて、まあでもよくなっては来てる。眠いのは寝不足、しかしこれが寝ていられないので仕方がない。こころの問題と体の問題と。あんまり痛い痛い言うのもみっともないからもうやめにしよう。言うから痛くもなるのだし。昨日は家族のみなさんが夕食を食べているところへ「ただいま〜」と帰った。カッパを脱いで着席すると自分にも即座にハヤシライスが出たので、それをざらざらっと食べる。借りていた本をかき集めて冊数の確認をして慌ただしくみんなでモビリオへ乗り込み、図書館へと急ぐ。木金は夜の7時まで開館しているということで6時34分に到着してみるとはたしてそれは本当だった。いつものようにかあちゃんとライは西武の立体駐車場へ、ハルとキヨを引き連れて薄暗い中を図書館へ歩く。小さい子の居ない時間帯にやってきちゃったガラガラな児童書コーナーへ消えて行く二人。目についたエドワードホッパー画集を手にぶらぶら読み物を探しているとハルが走ってきて大きなひそひそ声で「とーちゃんしっこ!」「なんだよ勝手にいけよ」「わかったよこれ持ってて!」大きなひそひそ声で渡される本はいつも彼が借りる働く自動車の本ほか、車関係ばっかし4冊。ホタルの光が流れて、谷川俊太郎の小さな「写真」という本を手に取るとキヨも遠くから走ってきて天上に指さしながら「とーちゃん、ほら、おわりのおんがく」「だから走るなっつってんだろが」前に借りたみなみらんぼうの”ピアノ”が入ったみんなの唄のCDを探し、それとボブディランのライブ2枚組を発見してどっさりと貸し出し窓口へ持っていく。外に出るとすっかり暗くなっていた。西武の地下へ下りていくと走るライとそれを見て呆然と立ち尽くす母親を発見、ソフトクリームをベロベロやって帰ってきた。みんな寝てから借りてあったチャップリンの黄金狂時代をみてると酔っぱらいツネさん帰ってきて「え?いまやってるの?」と相変わらずすっとぼけていておもしろい。チャップリンやっぱおもしろい。命がけだ。どんどん借りてこよう。
[PR]
by yuzzle | 2014-07-04 16:04 | 日記

7月3日(木)くもり

ちょっとした体の不調は寝て起きれば治ることに決めてあるけど、今朝は起きてからも昨日からの左膝の痛さに何の変わった事も無くて、なんだよ約束と違うじゃねえか痛てえじゃねえかとなった。手首もだいぶ前に自転車で転けて捻ったのがまたじりじりと痛くなってきたし、痛いの流行ってんのかね。湿気で節々が痛くなるよという言い伝えも加担してきてっかな。それとも身体の老朽化をだましだましやってきてるのがいよいよ自分にバレてきちゃったのかな。朝ご飯食べてからも、まともに歩けないくらいに痛いので、天気よいけど自転車通勤は諦めてエンジン付きでバタバタバタ〜走って会社までやって来た。そして、その会社の上司に「10月に4人目産まれるんで〜」を告げると何気ない感じでサラッと「会社の先行きが不透明な時によくそんな気になれるね」という正直な感想が即座にかえってきて。事実を一面から見たらそれは恐ろしく正しいコトバなんだろうけど凹んだ。人間が祝福されない(出来ない?)会社、社会ってなんだろう。いつまでも会社や家族やオカネ?に寄生しただけの己の生活にいいかげん見切りつけろという伝令が下ったのかもしれないよ?いやいや。キヨの口内炎は寝て起きると今朝はだいぶよくなると同時に「アイスばっかしあげられないんだからね!」と怒っていたあきこの機嫌も良くなり。そりゃ一生懸命に作ったごはんを食べてもらえないのはつまらないよね。「あのさあ、あのカレンダー、あのさあ、」「なんだよ」「あの、あのさあ、今日よんの日?」カレンダーの6の日に自分の誕生日にマルが付けてあるのをうまく言葉に出来ないかわいいキヨ「今日はさんの日だよ、あと3回寝たらキヨは5歳だよ」ニコ〜っと嬉しそうなカオで「いえ〜い」と走って消える。今週末は箱根旅行で月曜休み取ったしでなんだかおれも浮かれてるみたいだ「国家の先行きが不透明、不安な時によくそんな浮かれていられますね」浮かれるぜばかやろう。
[PR]
by yuzzle | 2014-07-03 17:03 | 日記

7月2日(水)はれ

自分で書いた日記を「へえ、これ書いた人ってまるでおれみたいだねえ」などと読み返すような時間。自分で書いたものなんか一々読み返さねーよとか言っとくほうがかっこいいようだけど事実だから仕方ない。そしてやっぱり狭いことしか書けないもんだなあと思いながらも、じゃあ狭い事以外に何が言えるんだよと己の勉強不足には目を閉じて開き直ってみたり。しかしダイレクトな情報垂れ流しなこの環境で、それら全てにこころを砕こうだなんてやっぱりばかげているよ。そんなん知るかよってことに一々答えを出そうとして「私の立場からの見解はですね〜」だなんてあほげてるし、その人間の責任もない急造の言葉を無理矢理に捏造して表現としてみせて、そういう不思議な存在としてぼーっと亡霊となってさまよってたら、そんなの自殺だよ。じゃあどうするか?社会を変えようなどと思わないで自分が変わるしかない。変わるつーか、カミサマ?の声をちゃんと聞けよってことなんだろうけど。カミサマってのはつまり何万年も通用する普遍的な、なんだろ、ちゃーんと足元みてないと転ぶのだよぐらいの。。昨日は夕食時からまたハルの反抗的な白目が始まってしまい、こっちもいい加減頭に来たので「知らねーぞ」とハル一人を置いて、風呂に入っちゃうと大泣きで「とーちゃんでていけ!」「とーちゃんいらない!」と風呂入ってもやってるので「はいはい出てくよ出てくよ」とキヨを洗ってると「出てかないでよ〜」とキヨが泣きそうになって「キヨもとーちゃんと一緒に出てこうぜ〜」と「とーちゃん洗ってよ!」絶叫するハルを残して「さいなら〜」風呂からさっさか上がっちゃう。一緒に飛び出して来たハルが「とーちゃんが洗ってくれない〜」とかあちゃんの元へ「あたりまえでしょ!」ガツンと怒られ戻ってくると少し落ち着いてて「ごめんなさい」となったので「かゆいとこねっすか〜」丁寧に洗ってやった。大人の都合(ルール?)を押し付け過ぎちゃってたかなあとか色々考える。「部屋片付けろ〜とか保育園の用意しろ〜とかとーちゃん達うるさいかね?」訪ねると無言で頷くハル。借りて来た映画「アイデン&ティティー」とまーしーが借りた映画「ロンゲストヤード」の2本を観てから寝たのでまた3時過ぎちゃってて7時過ぎに起床で家出る時に風呂掃除まで終わってなくてあきこに睨まれる。久々に朝からピッカーで敷き布団も洗濯するよーでいつも2回戦のところ4回戦まわさなきゃいけねくて。。暑いけど自転車で進むと風の中なので心地よい。答えは風のなかさ〜♪まだあと週末までに3本映画観る予定。夜中の自分の仕事もこなすよ。さぼるなさぼるなさぼるな。
b0119183_251448.jpg

[PR]
by yuzzle | 2014-07-02 21:13 | 日記

7月1日(火)くもり

「じゃあ太陽が4つだったらどうなる?」とハルに訊かれる。なんの脈絡も無くいきなり来る質問にいつもブッ飛ぶ。苦し紛れに「熱くて死んじゃうよ」と答えたけどホントにそうかな?太陽との距離にもよるよなあとか、今ある太陽の4分の1が4つならどうだろう、などと、まるで照明や暖房器具かのように無邪気に考えていると6月が7月になっていた。ほんとはもっと人間的集団なせこい事でうーぬと唸ってみていたのだけど、自分の考えの無力さ加減(バカさ加減)に昨日も疲れて寝てしまった。朝方ユメを見ていたらあきこに奴らのプールバックのプリントやったのかと起こされて、もちろんやってないのだよと偉そうに、作業部屋へのこのこ行くと黒猫時計は4時を回ったところだった。ユメは「なんかすげえの見た」というのだけを残してきれいに忘れてしまった。それでまあ頼まれるというのはいいな。眠くても起きることができるし、何よりもそこに居てよしと、なんの具体的な言葉も無いのにそう言ってもらえてるようで身体が勝手に動ける。おまえは頼まれてもいないことすらも「頼まれた!」と勘違いして生きて行けばいいよ。朝めし、テーブル斜め向いに座ったハルは何か気に触ったのかやたらに白目で睨んでくる。キヨは口内炎が酷くて昨日から牛乳にコッペパンを浸してゆっくり食べてる。ごちそうさまいってきま〜すでライとキヨとパッチンして、ハルにも「へい」と右手を出すとおもいっきりパチン!とやってから一瞬ニヤっとしてまたすぐ膨れっ面に戻った。少々お難かりのご様子。。。自転車は走ってれば風が気持ち良いけど止まるとやっぱり湿度がすごくて噴出した汗がおでこに垂れてくる。気持ちが乗らないときは乗らないままに、なにか少しでも明るい方に顔を向けておくだけでもいいのだ。どんしんくつわいすいっつおーらい。
b0119183_254911.jpg

[PR]
by yuzzle | 2014-07-01 17:17 | 日記